So-net無料ブログ作成
検索選択

ツツジ 鮮やかに咲き競う 東京・根津神社(毎日新聞)

 咲き競うように色づいたツツジが根津神社(東京都文京区)で見ごろを迎えている。

 境内の「つつじ苑」約6600平方メートルに、フジツツジやキリシマなど約50種3000株が咲き誇っている。華やかな色のツツジは周りの緑と鮮やかなコントラストを見せる。訪れた人たちは、思い思いの場所を見つけては盛んにシャッターを切っていた。今年は気温が低かったため咲き始めは遅かったが色づきは例年通りという。【三浦博之】

【関連ニュース
<写真特集>毎日植物園・春
<写真特集>チューリップ:東京・丸の内のオフィス街で8万本が春を演出
<写真特集>桜もまだ咲いています
<写真特集>母の日に一瞬の輝きを…氷入りカーネーションの置物(2009年)
<写真特集>カーネーション:銀座のビルに3000本展示(2009年)

舛添前厚労相らが「新党改革」を結成(医療介護CBニュース)
普天間問題 ろうそくで基地反対の人文字 東京・明治公園(毎日新聞)
<野生チンパンジー>母、子の死骸と生活 ギニアで確認(毎日新聞)
【高速道路新料金】前原国交相反論「方針通り進める」(レスポンス)
<事業仕分け>第2弾傍聴に700人 「マンネリ」批判も(毎日新聞)

<日本創新党>首長らが新党 党首に山田・東京都杉並区長(毎日新聞)

 山田宏・東京杉並区長や中田宏・前横浜市長らは18日、都内で記者会見し、地方自治体の首長や首長経験者らによる新党「日本創新(にっぽんそうしん)党」の結成を正式に発表した。党首には山田氏が就き、代表幹事に中田氏、政策委員長に斎藤弘・前山形県知事がそれぞれ就任した。現職国会議員は参加せず「国会議員5人以上」などの政党要件は満たしていない。

 今夏の参院選には選挙区、比例代表で計10人以上を擁立し、5議席以上の獲得を目指す。候補者選考には公募も導入する方針だが、党幹部の山田、中田、斎藤3氏の立候補については明言を避けた。

 山田氏は新党結成の理由について「民主党政権を見ると、政治とカネの問題、日米の同盟関係の揺らぎ、経済や財政の悪化と、放置しておくと日本はあと3年持たない。現状を打破する政党は見当たらず、やむにやまれず立ち上がった」と説明した。5月に結党大会を予定している。

 新党は目指す国家像として「自由で力強い日本」をうたい、基本目標に「国家」「地方」「国民」の自立を掲げた。政策面では法人税、所得税を減税し、国際競争力を高めるほか、道州制の導入や高校以上の学校設置の自由化などを挙げた。

 新党を応援する首長連合には、上田清司・埼玉県知事を代表呼び掛け人に、松沢成文・神奈川県知事や河村たかし名古屋市長ら26人が名を連ねた。会見に同席した上田知事は「それぞれの立場や主義主張を超えて応援する緩やかな連合だ。新しい動きが既成政党に刺激を与え、大きな転換になる。私たちは選挙区は(各党派と)等距離の方が多いが、比例は応援の度合いはいろいろある」と話した。【笈田直樹】

【関連ニュース
自民:政策テーマを協議
選択の手引:’09衆院選 マニフェスト最終点検/下 国のかたち
ビジネス・経済 『名古屋から革命を起す! たちまち…』=河村たかし・著
県:地方分権・道州制で報告 市町村と協力重視 /宮崎

焼け跡から2遺体、首に絞められた跡=会社役員夫婦か、殺人放火で捜査−富山県警(時事通信)
村本さん宅、雨戸閉じひっそり=「優しいパパだったのに」(時事通信)
川端康成文学賞に高樹のぶ子さん(時事通信)
<交通事故死者数>春の全国交通安全運動期間中は96人(毎日新聞)
明石歩道橋事故 聴取3時間、元副署長が拒否し録音・録画できず(産経新聞)

「100%頑張っている」=夢追う女性にもエール−山崎さん、宇宙基地で会見(時事通信)

 【ヒューストン(米テキサス州)時事】国際宇宙ステーション(ISS)に滞在中の山崎直子さん(39)らが14日朝(日本時間同日夜)、ISSの日本実験棟「きぼう」から、日本メディアなどとの記者会見に応じた。山崎さんは自身の仕事ぶりについて「自分としては100%頑張っている。日本人としては最後のシャトル搭乗だが、引き続き、(今後の日本の)ISS運用や宇宙開発につなげたい」と思いを語った。
 会見にはほかのスペースシャトル乗員やISSに長期滞在する野口聡一さん(44)ら計13人が参加。山崎さんら4人の女性飛行士は、体を男性飛行士と上下逆向きにして質問に答えるなど、ISS内はリラックスした雰囲気に包まれた。
 会見中、笑顔をたやさない山崎さん。飛行士に選ばれてから実際に宇宙に行くまで11年待ったことについては「宇宙は何年かかっても到達するのに素晴らしい場所」と絶賛。同じく夢を追い掛ける女性に対しても「焦らず、じっくり夢を温めてくれたらうれしい」とエールを送っていた。 

【関連ニュース
〔特集〕日本人宇宙飛行士の軌跡
【Off Time】再生-富士山測候所の今
〔写真特集〕国際宇宙ステーション
〔写真特集〕宇宙の神秘 コズミックフォト
〔写真特集〕アポロ11号

相次ぐライター火災、経産省が安全規制へ(読売新聞)
<火山噴火>全日空、日航が一部便を欠航(毎日新聞)
「肩代わり」法案が衆院通過(医療介護CBニュース)
また年取っちゃった「たちあがれ日本」70歳・戸塚氏入党(スポーツ報知)
<井上ひさしさん>9日に死去、75歳…小説家・劇作家(毎日新聞)

福島氏、岡田氏に反論「自覚を持ってグアム・テニアンを提案」(産経新聞)

 社民党党首の福島瑞穂消費者・少子化担当相は7日の記者会見で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題に関し、「社民党は内閣の一員として与党の一員として、自覚を持って米領グアム・テニアンを提案した。『あれもダメ、これもダメ』と言っているわけではない」と述べた。同日午前の衆院外務委員会で岡田克也外相が「(社民党も)政権を担うものとして自覚を持ってほしい」と発言したことに反論した。

【関連記事】
中国に新たな懸念表明せず 死刑執行で政府
「執行やめてほしい」 中国の日本人死刑通告で福島氏
「利権ないと壊れる」 福島担当相、与謝野氏ら離党で自民批判
普天間問題 鳩山首相「私の言葉で混乱はない」
社民・福島氏、中国に「覚醒剤で邦人の死刑、ちょっと待って」
「中国内陸部の資源事情とは…?」

鳩山首相、公務員改革法案「修正すればよい」(産経新聞)
【ぶらり旅物語】今回は「種子島・屋久島」をぶらり(産経新聞)
<動物死骸>葬祭業の元町議を逮捕 不法投棄容疑で埼玉県警(毎日新聞)
<振り込め詐欺>70代女性3500万円の被害 福岡(毎日新聞)
山崎直子宇宙飛行士 物資搬入を再開 野口飛行士と作業(毎日新聞)

阿久根市給与支払い拒否、地検が告発状を受理(読売新聞)

 鹿児島県阿久根市の竹原信一市長(51)が元係長(45)への未払い給与の支給を拒否している問題で、鹿児島地検は1日、元係長の弁護士が労働基準法違反(賃金未払い)の疑いで提出した市と市長に対する告発状を受理した。

 告発状などによると、未払い賃金(ボーナスを除く)は、昨年10月〜今年2月分の約170万円。元係長は昨年7月、市長が掲示した職員人件費の張り紙をはがしたなどとして懲戒免職処分となった。

 鹿児島地裁、福岡高裁宮崎支部は処分の効力を停止したが、市は給与支払いを拒んでいる。

与謝野・平沼氏が共同代表…新党合意(読売新聞)
郵貯限度額2千万で決着…亀井・原口案が軸(読売新聞)
高速道に上限料金=車種別、6月から−普通車2千円、軽千円・国交省(時事通信)
ドライブレコーダー 全都営バスに導入へ(産経新聞)
抗がん剤エリブリンを日米欧で承認申請―エーザイ(医療介護CBニュース)

東京駅構内に語り部・平野さんのコーナー(産経新聞)

 JR東京駅(東京都千代田区)の構内に飲食店や雑貨店など31店舗が出店するショッピングセンター「エキュート」が28日、オープンした。

 このうち書店と喫茶店を融合させた「HINT INDEX BOOK」では、朗読などの“語り部”として活躍する平野啓子さんら26人のクリエーターの作品を展示販売。自身の作品を前にした平野さんは「東京の真ん中で、日々の生活を潤すヒントを得てほしい」とPRしていた。

大島氏、首相の普天間発言を批判(産経新聞)
「春 足踏み」 比叡山雪化粧(産経新聞)
<密約>藤山・マッカーサー討論記録 政府「不公表」答弁書(毎日新聞)
保育所で1歳児大やけど、高温の湯で体洗う(読売新聞)
<アートナイト>一夜限り 街は美術館 東京・六本木(毎日新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。